第5回ワイン会

5回目を数えるワイン会!
いつものメンバーで楽しく検証^^
お世話になりました今回会場は若潮さんでしたm(__)mIMG_1666.jpg今回は今飲みたいワインを2本ずつ!
3代目からは、今メインにしているワインたちよりワンランク上の2本、
自分の料理との相性を見てみました^^

しかし、毎回ながらメンバーの今!ってな料理が味わえるのもこの会の醍醐味☆
まずはなんとすみません写真撮ってなかったm(__)m^^;コータローの分厚いリッチな3年フグのてっさ!
塩・ポン酢(薬味有り無し)と3パターンで!(総じてグリド甲州、もみじおろしのポン酢にtettaさんのピノ)

これは私のカルパッチョ、今回珍しい魚が入荷したので!
‘まるか’と呼ばれる外見はシーラカンス(~o~)身はハスに近い!(ソフィーベルタンソーヴィニヨンブラン)IMG_1669.jpg吉田君のカマスの炙り蕪のおろしと皮と柿のなます(グリド甲州、ジルブートンサントーバン、なますにロレンゾンメルキュレイ)IMG_1671.jpg吉田君10日熟成の鰆、焼きナス(ルッチワイルドマン)IMG_1672.jpg私まるかとフェンネル(ルッチワイルドマン)IMG_1673.jpg吉田君ハリイカとニラの肝焼き(ジルブートンサントーバン、ロレンゾンメルキュレイ)IMG_1676.jpgよねちゃんのカマスの一夜干し(ソフィーベルタンソーヴィニヨンブラン、ピノ2本もよかった)IMG_1680.jpgコータローのてっちりに吉田君の煎り酒(日本酒がほしくなりました^^;あえてだと香りおとなしい目の甲州でしょうか)IMG_1682.jpgよねちゃん椚座牛と柿バルサミコ間引き菜(がんこおやじ)IMG_1683.jpg私田助鴨とネギ人参米酢ゴルゴンゾーラ(ロレンゾンメルキュレイ)IMG_1685.jpg吉田君のおまけ秋刀魚のワイルド煮←やたらとワイルドワイルド言いながら作ってました(~o~)
内臓ごと赤ワインで煮たもの(見た目よりあっさりしてましたのでtettaピノ)IMG_1686.jpgりえちゃんサツマイモティラミス(がんこおやじ)IMG_1687.jpg色々わかりました^^
持参したジルブートンみたいな、ワインだけで美味しいやつって、料理やっぱり難しいなぁと再確認!
グレイスグリド甲州、ルッチのワイルドマンが万能かなぁ!

次回お題は、ニューワールド!これまた楽しみです^^
よりあい > ワイン会

懐かしい

立冬ですねぇ〜^^
毎朝の冷え込みも少しずつ増して、秋から冬へと!
お野菜も根菜など美味しいのが増えてきて、
秋が一番のお気に入りではございますが、冬には冬の良いとこたくさんございます^^IMG_1657 (2).jpg福良の鰆は脂がよく乗り真っ白な身。
軽く火入れしたものをフレッシュのトマトソース、名残の島オクラ、
そして、先日より柴山さんから届き始めた菊芋を軽く火入れしてシャリっとした触感に!
タネツケバナをアクセント、器は懐かしいイベントの為に焼いていただいた西村さんの作品!

三原高校の同窓会(の反省会?という名の飲み会?^^;)のまだまだ元気な大先輩皆々様にお楽しみいただきました^^ありがとうございましたm(__)m

同窓会いいですねぇ〜!
うち等もそろそろ同窓会したいなぁ〜S48.49年生まれ集まれ〜みたいな^^
ばんち、よろしくっ(^o^)丿
平日限定 > 魚料理

トラフグ料理始まりました!

トラフグ料理始まりましたよ〜〜^^
お越しの皆様〜本当にありがとうございました!IMG_1645 (2).jpgIMG_1650 (2).jpg南海荘冊子、いつもお世話になっております飲食店さんにも無理言いまして、置いてもらっております^^
樂久登窯さん、平松食堂さん、万代さん!ありがとうございますm(__)m
これから洲本、北淡路〜阪神間まで置かせていただけそう〜なところにお邪魔してお願いしようとも思っておりますm(__)m
飲食店の皆様、どうぞよろしくお願いしますm(__)m
料理 > 晩秋

本日のグラスワイン!

昨夜も色々お楽しみいただきました^^IMG_1638 (2).jpg左から…
レ・ヴァン・コンテ ル・ピュイ2015 生産者O.ルマッソン&H.ヴィユマド ロワール地方(ヴァン・ド・ターブル)
ソーヴィニヨン種を低温浸漬を行い野生酵母で発酵。味わいに奥行きを与える自然な甘み、じわりと効く酸味、複雑な余韻。ソムリエから醸造家に転身したルマッソン氏が有機栽培を実践する農家からブドウを買い付け醸したもの。亜硫酸はほぼ無添加です。

ロンガリーヴァ グラミネ 生産者マルコ&ロザンナ・マニカ2014 トレンティーノ
ピノ・グリージョ種を搾汁の後、果皮に浸漬することで、リンゴのような豊かな芳香と独特のまろみを引き出しています。赤ワイン的な要素を持った白といった感じ。1976年創業、マニカ夫妻がロヴェレートの町で営む小規模なワイナリーです。

マルヴィラ トレウーヴェ2007 生産者マッシモ&ロベルト・ダモンテ ピエモンテ
ロエロ地区屈指の蔵元によるモダンで芳醇な味わいの白。柑橘のコンフィや洋ナシ、ナッツ、蜂蜜の余韻。円やかな辛口。シャルドネ種40%、ソーヴィニヨン種40%、アルネイス種20%を木樽で発酵・熟成。長期の便熟を重ね円熟した2007年ものです。

H.シャルロパン マルサネ クロ・デュ・ロワ2014 生産者エルヴェ・シャルロパン マルサネ(ニュイ、ブルゴーニュ)
熟したプラムやスミレ、深い森の湿った土…。濃い目のようでいて、とても繊細。この年をよくあらわした堅実な造り。マルサネで1998年に新設された小規模な蔵で、リュット・レゾネ(理論的減農薬栽培)を実践。樽熟成は12ヶ月(新樽30%)。

ジェロボアム安藤さんから送られてくるワインには、ボトルごとに辛甘淡濃の味わいと解説付き!
ロンガリーヴァはリピートしました!美味しい^^

今夜はフグ料理のお客様多数☆
さてどんなワインが合うのでしょうか?

色々お楽しみいただければと思います^^
それでは引き続き本日も良い旅を!
料理 > ドリンク

美味しいきっかけ

数年前にいつもお世話になっております淡路島西洋野菜園柴山さんはじめ、
農家さんのイベントで料理を担当させていただいたことがあるのですが、
そのイベントがきっかけで出会い、そして昨日入籍された農家さん!
食事に来てくれました〜^^

嬉しかった〜^^

そのイベントで彼が育てたお米で作った玄米茶をまず飲んでいただいたのですが、
当日仕込み段階で、彼が玄米を煎る姿を今もはっきり覚えております^^

自分の育てたお米で美味しいお茶を!という想いがあふれておりましたねぇ〜。
結果、奥様となられる方を射止めるわけですから^^
素晴らしいですねえぇ〜☆

昨夜は、もう一組結婚記念日なご夫婦様がいらっしゃったり、
なんだかとても幸せ満載な風に包まれておりました〜〜^^
IMG_1603 (2).jpg人肌程度に温めた天然ヒラメのカルパッチョ!

そして、淡路島ポークとレンコンのリゾット、
カラスノエンドウたっぷりのせ^^IMG_1604 (2).jpg今日も引き続き幸せの風に乗って〜〜〜!

みなさまも良い一日を〜〜〜^^
平日限定 > カルパッチョ・タルタル

産まれた〜☆

待望の冊子ができました^^
お越しの際は、旅の記念にぜひぜひおもち帰りくださいね〜!IMG_1594.jpgこの冊子をデザインしてくださったのは、いつもお世話になっておりますちかさん
ほんまにありがとうございました!

そしてそしてそして!
ベイビーほんまにほんまにおめでとう^^
(あっ、西村さんもおめでとう!パパっ!笑)

昨夜もたくさんの常連様リピーター様ありがとうございました!
今夜も皆様ごゆっくりと〜〜^^

幸せの風に乗って本日もがんばります〜〜〜!
ひと