月に一度の週末限定

IMG_7894.jpg一皿目は、タコにあわせた産直のトマトジュレ。
トマトに1.5%の塩をしてなじませた後ミキサーしてゆっくり濃し透明のトマトジュースをとり、
それをゆるめのジュレにして、裏山のフキと三つ葉を添えて突き出しに。

握りは、メイタガレイ。

カルパッチョは、2キロの天然鯛、肥えたアブラメ、活きのハリイカ、クロウニ、
柴山さんのレタス、スナップエンドウ、アグレッティ(オカヒジキ)

続きまして、産直のウスイエンドウとアワビ、セルバチコのお皿。
ウスイエンドウは塩ゆでし、さやでとった出汁とミキサー、
黒アワビは、蒸してお出しする前にバターで軽くソテーして温めて。
エンドウのさやは、コトコト煮出すととても甘いです。
(お食事のお客様は、アワビの代わりに鰆の炙りでした。
今回改装の際、ご宿泊の部屋数を5室から4室に変更させていただきました。
海側のお部屋のみとなりました。
食事室は変わらず5室ございますので、週末も一組のお客様ではございますが、
お食事のみでご利用いただけそうです。)

はじめのパスタには、初物!柴山さんの柔らかいカルチョーフィ(アーティーチョーク)とセイゴ(スズキの小さいの)を!IMG_7902.jpgパスタ2品目は、クルマエビとハリイカ、黄色いキヌサヤ、コリアンダー。
ソースには、クルマエビの頭と殻、ハリイカの肝、突き出しのトマトジュレで濾した際残った赤い果肉の部分。IMG_7910 (2).jpg今回活きのメバル(もちろん釣り)をご用意できたのが何よりうれしかったです^^
良く肥えてます。IMG_7899 (2).jpgメバルはシンプルにロースト、柴山さんのアスパラアルジャントゥイユのリゾット、タイの白子の泡、カタバミ。

お肉の付け合わせには、柴山さんのお野菜に加えて山のタンポポも。
オレガノの香りでお楽しみいただきました。IMG_7912 (2).jpg

今夜はあいにくの雨模様ですが、
昨日お泊りの常連様はおのころの間にてご宿泊。

一枚のブラインドのみ開け、満月の月あかりをお楽しみになったそう。

昔の人の感覚を体験できました貴重な体験させていただきましたと、とてもうれしいご感想をいただきました。

お月さんの明かりを感じる空間。

そんな旅をお楽しみいただけた嬉しさ。

旅の楽しみ方は、人それぞれで、
感じ方もそう。

普段目にとめない当たり前のことを再認識できる旅って、
なんだか素敵だなぁ〜と、思いました。
週末でもイタリアン