ワインとデザートと!

グラス、良いの開けてますのでぜひぜひ^^4G4A2831.jpg今日は、梨のソルベに黒糖のソースでした〜^^
寒くなったので、あったかいスープも登場!明日は写真撮れるかなぁ〜(~o~)4G4A2826 (2).jpg
料理 > ドリンク

秋ですねぇ〜

夜になると、調理の音に負けないくらいの大音量で鳴く秋の虫たち^^;

しっかり秋を感じつつの時間を過ごさせていただいてます〜。

そんな今日この頃ですが、季節の移ろいと共にワインを楽しまれるお客様も増えてこられたように感じています^^4G4A2539 (2).jpgコルナスのコロンボ家が手掛ける正統派のクローズ・エルミタージュ。ダークチェリーやカシス、ユリの花、胡椒の風味。ジャン・リュック・コロンボ氏は現在コンサルティング業を主に行い、アンヌ夫人と娘のロールさんが醸造担当。端正で美しいシラー。
と、ジェロボアム安藤さん^^
調べるとコロンボさんは有名なんですね^^;知らないこと多すぎですすんません^^;

スパイシーなシラー、ラベルも美しいワインです!
安藤さんいつもありがとうございます〜〜!
料理 > ドリンク

なんでも経験ですねぇ〜

昨日はお休み頂いてまして、いつもお世話になってます鳴門の梨農家さんのお手伝いに!
普段経験できない、梨の収穫^^
暑さ、アブラゼミの強烈な鳴き声〜に、蚊‼そして、中腰での収穫‼
いや〜、ほんの数時間でしたが、良い経験させていただきました^^;

どんな仕事も努力と苦労の積み重ね!

自分もがんばらんと〜^^
4G4A2215.jpgと、いう事でお盆明けで平日限定再開しております〜〜^^
序盤、赤のグラスは超微炭酸のガメイですよ〜!
料理 > ドリンク

新しいシャンパーニュ!

ばっ!っと降ったみたいですね〜^^4G4A1429.jpg夜中で良かった^^
これからは晴れに向かう模様ですよ〜引き続き夏旅皆さまお楽しみくださいねぇ〜^^
毎日夏っ!って感じで賑やかでありがとうございます^^
料理写真もなかなか撮れませんが、これはこれで良いことと^^

なので、朝に撮るのですね^^;
写真は、新しいシャンパーニュです!
今夜試飲しま〜す^^

ドメーヌ・ヴィルマール
ランスのすぐ南東に位置する一級格付けの村、リリーラ・モンターニュにおいて、1890年の創業以来、「テロワールの敬意」というファミリーの理念を守り続けるのが、このヴィルマール。1990年より若き当主、ローラン・ヴィルマールが伝統を継承する。同村と同村を取り巻く畑のベストパートのみを所有し、11haの畑から年間約7000ケースのみのシャンパーニュをリリースする。除草剤、化学薬品を一切使用しないビオロジックによる栽培と徹底した収量制限を施された葡萄そのもののポテンンャルは驚愕に値する。ヴィルマールのシャンパーニュの品質を他のハウスから際立たせるのが「同家伝統の木樽発酵、樽熟成」。シャンパーニュ全土においてもクリュッグやジャック・セロスといった名立たる生産者のみが時に取り入れる手法である。ノンヴィンテージは全てフードル(50hl)で、ヴィンテージはバリック(225l)で熟成。別格のワインだけが持ちうる気品と風格を纏う同家のシャンパーニュは、その卓越した樽使いから「レコルタンのクリュッグ」と絶賛されフランス国内の数多くの星付レストランがその少ない生産量を競ってオンリストする。

ピノ・ノワール70%、シャルドネ30%。フードルで10ヶ月熟成。24ヶ月の瓶熟の後にリリース。洋ナシや白桃のニュアンス。シャルドネの美しい酸がこのシャンパーニュをエレガントなスタイルに仕上げている。

だそうです!
木樽発酵&樽熟成、生産者のこだわりを感じます!楽しみです^^
料理 > ドリンク

リースリングにベリーA、甲州にシャルドネ!

先日の打ち合わせの結果、こちら4本+シャンパーニュ1本が入れ替わります!
4G4A1395.jpg国産赤白1本ずつと、リースリングは生産者が変わって、
マランドシャブリは、格上げ☆
シャンパーニュはトップの入れ替わり、ジャクソンと同じく小規模生産者ですよ〜^^

金曜日は、空室情報をご覧になってご予約いただいたリピーター様が2組もm(__)m
本当にありがとうございました!
もちろん、早くからご予約下さいましたお客様皆様もm(__)m

またぜひお越しくださいねぇ〜〜!
料理 > ドリンク

マップで旅する^^

カルヴィ(コルシカ島) 生産者ベルナール・レヌッチ
レヌッチ ヴィニョーラ
1850年より同家系で継承してきたブドウ園。熟した赤果実やスパイス、赤身肉、鉄などの風味。野手のある味わい。古くは教会のミサに用いられ地元の民に愛されてきたワインで、島固有のニエルッキオ種、スキアカレッロ種等を混醸しています。

と、ジェロボアム安藤さん^^

と、リンク先の地図を開くとほんと便利ですよねぇ〜^^
港町!色んなレストランがあって、そこによくある口コミなんかも見れたりして、
どんな料理を楽しめるのかが見て取れたり!4G4A1233.jpg色んな旅、しなくちゃですねぇ〜^^
リフレッシュ旅!したいなぁ〜^^

あっ、台風来てますね、、
宿は、午後からちょうどお休み頂いておりました^^

雨がたくさん降る予報です。
皆さまどうぞ気をつけてお過ごしくださいませm(__)m
料理 > ドリンク

料理に寄り添う

ワイン色々です^^
元町jeroboamさんからは、白の3本、左からピノブラン(仏)、フリウラーノ(伊)、ソーヴィニヨンブラン(仏)!
右の2本は、輸入元に勤めてる同級生やっさんからサンソー、シラー(どちらも南阿←アフリカの漢字表記の短縮‘阿’なんですね!阿那賀の阿ですね!地形といい親近感!^^)
白は、酸がやわらかめの物、赤はしっかり!じゃなく、親しみやすいものと、
飲み疲れせず料理に寄り添ってくれそうなものを選んでもらっております^^4G4A1144 (2).jpgぜひぜひお料理と共に色々お楽しみくださいねぇ〜〜〜^^4G4A1142 (2).jpg昨夜も皆さま、ご利用いただきましてありがとうございました〜!
今夜はお休みを頂いておりまして、まずは体のメンテナンスへ^^
行ってきまーす!
料理 > ドリンク

南つながりで南アフリカ^^

4G4A0927 (2).jpgステレンボッシュのファーグルーヴ、ヨンカースフック、ステレンボッシュ・マウンテン、ボットラリー地区の畑。カベルネ・ソーヴィニヨン27%メルロー24%プティ・ヴェルド18%カベルネ・フラン13%サンソー12%マルベック6%。伝統的な開口式コンクリートタンクで発酵されます。第2醗酵もそのままタンクで行われ、その後ワインはフレンチオーク樽に移されます。一年熟成した後ブレンドされ樽でさらに8ヶ月寝かします。濾過は行いません。18ヶ月間フレンチオーク樽での熟成。プラムやレッドチェリーの香りが特徴的で、赤果実のフレーバーとオーク樽のニュアンスと調和しています。味わいはとてもジューシーで繊細でソフトなタンニンの丸みのあるフィニッシュにより支えられています。
アルコール度数14.2%

と、やっさんからの南アフリカワイン^^
(ちなみにステレンボッシュをグーグルマップなんかで見ると、
ケープタウンといい、何やら見覚えのある地形☆
‘丸山!’^^)

しっかり目がお好みの常連様用にストックしておりました。

ボルドータイプの大きなグラスでお楽しみいただきます〜^^
皆さまもグラスでどうぞお気軽に〜!4G4A0914.jpg昨夜は、わたしが小さい頃からの超〜常連様も!
夕食後、リシェを手に「これ載っとったなぁ〜!」って厨房へ^^
いやいや、本当にありがたいことです^^あったかいなぁ〜^^
料理 > ドリンク

美味しい食事は楽しいですね〜^^

本日もとてもお楽しみいただいたご様子^^
皆さま本当にありがとうございましたm(__)m4G4A0466 (2).jpg赤ワイン好きなリピーター様へ〜!4G4A0469.jpgレ・マオ プティ・ボヌール2015 ヴァンサン・ガレタ (フランス・ローヌ)
南仏ヴォ―クリューズで2014年にスタートした蔵元。クランベリーやザクロの香り。軽やかな質感、ピュアな果実味。古木のサンソー種を用い、全房で浸漬、自然発酵。南仏としては冷涼で収穫も遅め。適度な酸と控えめな酒質で飲み疲れません。
と、安藤さん!
今回は、鱧のパスタに合うワインを白赤色々送っていただきました!
要素は、ほぼ鱧鍋とも通じる質感なので和食とも合いますよ〜^^(と、思います^^;)

よろしければ、楽しいお食事のお供にどうぞ〜〜^^
料理 > ドリンク

夏のご予約

いつも皆さまありがとうございますm(__)m

春から夏のご予約たくさんいただいておりまして、
ただ今週末ですと、秋以降からの空きとなっておりますm(__)m

平日も満室の日が多くなっておりますが、まだ空きがある日もございますのでぜひぜひお問い合わせくださいませ。

ただ、今月末はもう少し空きがございますよ〜^^
29日と30日は2部屋ずつ空きがございますのでよろしければぜひぜひよろしくお願いしますm(__)m

あっ、今週土曜日も大きなお部屋ですが空いてました^^;
お食事のみでも大丈夫ですよ〜よろしければ〜^^4G4A0188 (2).jpgタレンティ ロッソ・ディ・モンタルチーノ2014
淡路牛の炭火焼とお楽しみいただきました^^
本日も皆様ありがとうございました!
料理 > ドリンク

美味しいワイン

昨日今日と序盤の白ワイングラスで活躍のMURI-GRIES SILVANER2014
ハタノさんの濃紺床の間に壁ドン^^(古い?まだいけますか^^;)IMG_5189.jpg南チロルの修道院内で造り続けられてきた高品質なワイン。レモンや新鮮なリンゴのような清々しさ、透明感のある味。
同醸造所で生まれるワインは85%が赤ですが白も極めて美味。エッパンの山の南東向きの斜面に植えられた樹齢30年の樹から。
と、安藤さん!いつもありがとうございますm(__)m
今月白は、序盤安藤さん、中盤以降やっさんといったラインナップです^^
あっ、安藤さんは神戸元町のJeroboamさん、
やっさんは、ラフィネってワインの輸入業者さんにお勤めの同級生^^
安藤さんからは、イタリアを、
やっさんからは南アフリカ中心のフランス少しといった感じです。

料理とマリアージュ☆なんて次元ではまだまだありませんが、
美味しい料理と、美味しいワインをご用意させていただいております^^
ぜひぜひお楽しみくださいねぇ〜〜〜^^
料理 > ドリンク

今日はロゼのグラスもありますよ^^

新玉ねぎの温かいスープに皮目だけを炭火で炙った鰆、
個性のある葉もの野菜のサラダと一緒に!ってカルパッチョに続く一皿…IMG_4510 (2).jpg温度差の美味しさ楽しさの一皿ですが、とても美味しいと思ってます^^
もう少し暑くなってきたら、冷たいスープと熱い魚かなぁ〜^^

庭の山椒が若葉を広げ春の香りが満載!をトッピング^^IMG_4511 (2).jpg昨夜は、こんなロゼも開けましたよ!IMG_4517 (2).jpgラーチノ アソール2015 イタリア(カラブリア)
3人の若者が新規就農で2006年に設立。自然発酵由来の素朴な香りのあるロゼで、梅やアセロラのような残り香。古にギリシャから伝わりこの土地に根付いた黒葡萄のマリオッコを直接圧搾した果汁をタンク内で発酵、無濾過で瓶詰め。
と、安藤さん^^
とてもすっきりしたロゼで、食事に合わせやすいです!
この自然発酵由来の香りがもうわたしは癖になってて、
癒し系やなぁ〜と^^
料理 > ドリンク

ワイン色々!

今日も色々^^
IMG_4413 (2).jpgフランス泡の後、イタリアサルデーニャのベルメンティーノ!
赤も3種あいてますよ〜^^IMG_4422 (2).jpg
料理 > ドリンク

お肉とお野菜とワインと^^

週末料理のお肉はこんな感じで、
自家製のポン酢、もしくはわさびとお塩でお楽しみいただいております^^IMG_3771.jpgお肉は、低温ローストで火入れしておりますよ〜!IMG_3775.jpg樽の効いた白と赤、
赤はしっかり目です^^今夜の皆様もどうぞどうぞ^^
料理 > ドリンク

濃ゆい赤

昨夜は、石鯛とクロウニの握り^^
石鯛は、ウニ絶対食べてるから相性間違いなく^^IMG_3686.jpgしっかり赤身の淡路牛ラム!
ギャッと炭火で^^IMG_3692.jpgしっかり熟成感満載の赤!
グラスで空いてますのでお好きな今夜の皆様もぜひぜひ〜^^IMG_3694.jpgアフィラント AVE2004
生産者ダニエル・ブール 産地フランス(コート・デュ・ローヌ)
完璧主義者ブール氏がローヌ伝統3品種を用いて完成させたスペシャル・キュヴェ。低収量に抑えたグルナッシュ、シラー、ムールヴェードルを同率で用い、野生酵母のみで発酵、新樽で14ヶ月の熟成。

さぁ!良いお天気です!
ウグイスもだいぶ上手に鳴き始めておりますよ^^
淡路島にて春をたっぷり感じてくださいねぇ〜〜!
料理 > ドリンク

サッサイア〜!

ラ・ビアンカーラ サッサイア2015
産地ヴェネト 生産者アンジョリーノ・マウレ
北イタリアを代表する自然派の蔵。アジア系の梨や八朔、ポンカン菓子などの香り。久々の良年、堅さのない大らかな味。隣接するソアーヴェ地区と同様にガルガネーガ種を使用。果皮に付着する野生酵母で発酵。(発酵・熟成と木樽とタンクを併用)IMG_3450.jpg安藤さんからのワインで、昨夜のグラスワインでした^^
酸の少ない白を今お出しさせていただいております。
もし酸が効いた白がご希望のときは、ご遠慮なくお声かけ下さいねぇ〜!IMG_3449.jpg昨夜はイチボ、赤ワインと蜂蜜のソースで〜^^

今夜も引き続きです〜!

(3月1日は満室となりました、ありがとうございますm(__)m
28日はまだ空きがございますので、よろしければぜひご連絡くださいねぇ〜^^)
料理 > ドリンク

最終的には皆さんの笑顔が浮かびます^^

日曜月曜と厨房隣のテーブル席の扉はオープンにて^^

とても良い雰囲気で美味しそうに楽しんでらっしゃるのがとても伝わり!

お帰りの際、皆様から頂くご感想は明日への活力へと!です^^
ありがとうございましたm(__)m

お酒も地酒はもちろん、ワインもボトルやグラスで〜^^IMG_3273.jpg本当に色々な個性を持ったワインたち!
今はまだこの料理にぴったり!なんて神がかりなご提案は出来ておりませんが、
なるべく料理の雰囲気に沿ったものをソムリエの皆さんに選んで頂いておりますので、
十分楽しく飲んでいただけると思います^^

左より
〇クレマン・ド・ブルゴーニュ(シャルドネ100%)
シャンパーニュの畑から最短で600メートルしか離れておらず、ほぼ同じ地質、
作り方もシャンパンと全く同じ伝統的製法(瓶内二次発酵)。

〇ドメーヌジャッキーノ
ヴァン・ド・サヴォワ・ブラン・ジャケール・キュヴェ・マリウス・エ・シモーヌ(ジャケール100%)
ビオディナミにて管理されたサヴォア独特の品種ジャケール100%、シャブリから取り寄せた小樽を使用して熟成、リッチな仕上がり。

〇クラヴァン・ワインズ ピノ・グリ(ピノ・グリ100%)
ステレンボッシュ、ポルカドラーイエリアの北西向きの涼しいなだらかな斜面にある畑で、花崗岩や‘コーヒーフリップ’と呼ばれる茶褐色の礫岩が混ざったミネラルに富んだ南アフリカ特有の土壌です。果実の糖度が21,5度に達した時期に手摘みにて収穫を行い、100%除梗後12日間の間マセラシオンを経て、小樽のフレンチオーク9ヶ月熟成後瓶詰。

〇アルヘイト・ヴィンヤーズ へメルランド・ヴァイン・ガルデン
(ルーサンヌ,シュナン・ブラン,シャルドネ,ミュスカ,ヴェルデーリョ,ヴィオニエ)
このワインの説明がなくって^^;
ほんのり甘さがあって厚みもあり複雑、酸もあるのでだれず美味しい!
ラベルもきれいしまた仕入れると思います!

〇ドメーヌ・ヴィッキー 
コート・デュ・ジュラ・シャルドネ・クロ・ド・ジェルミニ
畑はボーフォール、樹齢は40年以上の区画のシャルドネ100%のワインです。樽熟2年の後、ステンレスタンクに移して半年後瓶詰めされます。酸化熟成はせず、ウイエで造られています。花のブーケや柑橘の香りにあふれた、なめらかで優しい口当たり。

〇パヴィヨン・ド・レオヴィル・ポワフェレ
(カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロー25%、プティ・ヴェルド8%、カベルネ・フラン2%)
2級格付けレオヴィル・ポワフェレの若木から作られるセカンドワイン。力強さとエレガントさを併せ持つスタイル。
(南海荘ワインメニューでお世話になってます香川さんに、しっかりしているけどデキャンタ―ジュを必要としない赤を進めてもらってまして!
それが、以前奈良くんからも進めていただいたこの赤ワイン!
ボルドー王道系!普段はボトル売りのみですが、試飲を兼ねて特別に〜^^)

と、まぁそれぞれに熟知しなければいけないのですが、そこまではなかなか^^;
こんなんなので、かなりお安くお楽しみいただけてま〜す^^;
すんませ〜ん、勉強します〜〜^^;
料理 > ドリンク

泡系続きます^^;

んーっ(>_<)
いうたらあかんと思いつつも…

さむいですねーーーーっ!

これ、大声で言うたらええんですよね!
あったまります^^

しかしなんです、今朝も8時を過ぎたころは吹雪でしたから(~o~)
ほんまにどうなることから思いましたが、今は青空が広がっておりますよーっ^^

でもお越しの皆様、くれぐれも気を付けてお越しくださいね!

昨夜も寒い中、皆様ありがとうございました!
今日の写真も泡系^^
グラスでスパークリング!
昨夜もお楽しみいただきましたー!
IMG_3228 (2).jpg寒さ吹き飛ばして今夜の皆様もぜひぜひでーす^^
料理 > ドリンク

平日限定今年もスタート!スパークリングのグラスもスタートです〜^^

野草を摘んで藁で炙った鰆に^^
ユキノシタは軽く素揚げ、タネツケバナ、ハコベ、ミツバ!IMG_2731 (2).jpg産直には菜の花がたくさんです^^
3年フグと蕪、菜の花のフェデリーニ、
西村さんのどんぶり鉢に!IMG_2732 (2).jpg淡路牛のすね肉のラグーには葱をじっくりソテーしたものと仕上げにメネギで!IMG_2735 (2).jpg先日が今年初めての平日限定でした!
と、言うことで初グラス売り〜^^IMG_2744.jpg早速ご注文いただきましたお客様には、スパークリングのグラスがあって嬉しかったとこれまたうれしいコメントを^^

仕事終わりには、ラ・カーサヴェッキアよねちゃんが遊びに来てくれて、
ゆっくりじっくりプチ新年会^^
よねちゃん持参のジンファンデルもきれいなラベルにきれいな味で^^IMG_2746.jpgいや〜、楽しいですね〜^^
今年もいろんな場面でワインが登場すると思います!
ますますワインワインな一年になる予感です〜〜^^

皆さまもどうぞごゆっくりとお楽しみくださいねぇ〜〜^^
料理 > ドリンク

grazie mille!!

昨夜も地元(とはいっても北淡路にお勤めの皆様!)の忘年会に
ご宿泊のお客様!本当にありがとうございましたm(__)m

そんな中にフィレンツェにお住いのお客様も^^
旦那様がイタリアの方なのですが、
お料理大丈夫でしたか〜って、日本人の奥様にお聞きすると、
なんとかかんとかmolto bene〜^^っておっしゃってました^^

grazie mille!ですね^^

そんなお客様にもお楽しみいただきましたワインは、
プイィ・フュメ!
IMG_2281 (2).jpgドメーヌ セルジュ・ダグノー ロワール地方 ソーヴィニヨン・ブラン
家族全員で協力して質の高いワインを生み出している小規模ドメーヌ。
姉妹が中心となりプイィ・フュメのテロワールを純粋に表現している。
やわらかいミネラルに厚みと完熟感のある果実味。

宿のグランドメニュ〜☆にございますので、
皆様もよろしければぜひぜひ^^
3代目も好みの1本なんです〜美味しいよ〜^^
料理 > ドリンク