カイトギ!

海藤花(かいとうげ)という美しい名で呼ばれるタコの卵。長さ六―十センチの房に約五百三十粒が連なる。タコつぼや岩場に産み付けられ、垂れ下がった姿が藤の花に似ているとして、江戸時代に明石藩の儒者、梁田蛻巌(やなだぜいがん)が名付けた。広辞苑には「明石の名産」と記載されている。

神戸新聞Web NewsよりIMG_6016.jpg美しいですね〜〜!(器は樂久登窯^^)

正式には、‘海藤花(かいとうげ)’と呼びますが、
ここ丸山では、‘カイトギ’って呼びます☆

この美しいカイトギ!
実は、割烹はとの吉田君が、友達の漁師さんから仕入れたもの!
それをおすそ分けいただきました!

魚屋さんでも置いてない、レアな商品!
いつもありがとうございます吉田君!

さっそく、三杯酢で前菜の一皿にさせていただきましたよ〜^^


そんな珍しい一品を楽しんでいただいたお客様、
お名前が、‘丸山さん’!

あっ、ここの地名と一緒^^

そうなんです!
なんとなんと、全国の‘丸山’を巡る旅をしているそうです!

丸山様、数ある丸山の宿の中から南海荘を選んでいただきまして、
誠にありがとうございます^^

そんな丸山さんへのお造りは、直接もって行き、
ご説明させていただきました!
IMG_6025.jpg「え〜っと、こちらが丸山産の…あっ、丸山さんでなく、丸山産の…^^;」
みたいな(~o~)

そんな感じで、楽しんでいただきました〜〜^^

さて〜、これから朝食用意してきます!
丸山産の太刀魚を焼きたいと思います☆

本日もぽちっとお願いします^^
にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ
日々のこと | comments (6) | -

コメントを追加

高橋 | 2010/09/21 09:19 AM
お〜さすがに綺麗ですね〜(^^)

僕も「海藤花(かいとうげどうですか〜?」とせっかく吉田君が言ってくれたんですが・・・
昨日はお昼までの営業、本日お休みで丁重にお断りさせていただきました・・・
(ごめんね吉田君)

でも丸山産?あっ!ちがった、丸山さんに喜んでいただいて海藤花も本望でしょう。

でもさすが三代目さんです、粒がきれ〜に撮れてます!
ケータロー | 2010/09/21 03:31 PM
昨日はおおきにでした。
昨日のお客様にお出しさせていただきましたが
めちゃめちゃ喜んでましたよ。

ではでは・・・・

この場を借りて・・・吉田さ〜ん、ありがとう〜!
瓦人 | 2010/09/21 07:27 PM
キレイ・・・自然のものはホント綺麗ですね☆
ここから超ミニチュアのタコたちが出てくるシーンを想像したら・・・(+o+)
いやいや微笑ましいですよ〜(*^_^*)
amachan | 2010/09/21 09:22 PM
また、撮り方も上手!
器の色も相まって、海藤って呼び名がわかりますね!

丸山さんで思い出しましたが、雨堤って大分県に地名として存在します。

オレも行ってみようかな〜?(笑)
吉田 | 2010/09/21 11:18 PM
恐縮です^^
「とったその日に生で食べるのが一番美味しい(塩やボイルだと触感が変わって)」って漁師のO君。
色んな方に生海藤花を食べてもらえて喜んでましたよ^^

ところで、Cookieって何? 押してええ?
南海荘3代目淳二 | 2010/09/22 08:44 AM
高橋さん
あ〜、そうなんですね〜!
ほんとタイミングですよね〜〜〜!
三連休に座布団級の大口を頂けるお客様もいらっしゃれば^^、
珍味のカイトギを頂けるお客様もいらっしゃいます。
出会いものって、素晴らしいですね^^
ほんと淡路島の自然と、漁師さんに感謝ですね!
あっ、吉田君にも^^

ケータローさん
ほんと吉田君に感謝ですよね〜〜!
またお願いしときましょね^^

瓦人さん
お〜、想像しますね〜〜^^
ミニチュア蛸はかわいいですが、
数が問題ですね^^;
瓦人さんの腕にうようよと…
ヒェ〜(~o~)

amachanさん
ありがとう!器への写りこみもきれいでしょう(~o~)
しかし海の藤とは、ほんとうまく名前つけるもんですよね〜〜^^
丸山は、かなり多いらしいです!
雨堤も探せば、日本各地に!
ちなみに丸山さんは、毎年1回必ず丸山を訪れる旅を続けてらっしゃるそうです。
もう30年以上続いてるそうですよ!すごいですよね〜〜^^

吉田くん
こないだは、ありがとう!
ほんと漁師さんが一番良く味を知ってます!
カイトギ!は、やっぱり生が一番ですね〜!
って、食べ切れなかった分は、もったいないので塩しておりますが^^;
よく言っといて下さいね!漁師のOさんありがとうございますm(__)mまたよろしくおねがいします^^
あっ、Cookieね!押してみて!
名前やURL覚えてくれるやつかな^^;