特別室のお名前^^;と、昨日の空^^

おはようございます^^
今日はしっかりと雨ですね!
風がないので、結構降る雨もなぜか心地よく感じます。

さて〜、
ほんととっくの昔に忘れ去られてる気はしますが…^^;

本日は特別室のお名前〜発表です^^;

お待たせしました〜^^;

では、どーぞ〜^^;IMG_3230.jpg島風(しまかぜ)です!
そこに流れるのは、淡路島の風!

お部屋でも淡路島の風を感じていただきたかったので、
土壁、家具、器、織物は、淡路島の作家さんが手がけたものとなっております。

そこには、淡路島の素材が使われていたり、
のどかな淡路島の風景の中で作られた作品たちばかりです^^

まさしくこのブログタイトルそのままの部屋!
なので、名前は島風^^(決まってしまえば、んーそのまんま^^;でも、結構悩んだんですよ〜^^;)

みなさん、どうぞこの島風の間にて、
ゆったりと流れる時間をお楽しみくださいね。

淡路島の風がそっとつつんでくれますよ〜^^



そしてこちらも淡路島の風。
家族で移動中の車窓からです…^^;

三原平野の田に写る梅雨の晴れ間、
そしてその山・空・雲・太陽。IMG_3256.jpgphoto by sakura ←まじで(~o~)


本日もポチッとお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ
アルバイト募集中で〜す!
日々のこと | comments (5) | -

コメントを追加

瓦人 | 2010/07/13 11:17 AM
実は予想とピタリ当たってたりして〜(^.^)/~~~
特典ないかな?^^
これしかないな〜って・・・
でも、風の間とか、kaze-no-maとか、島音の間とか、島音坐とか(笑)・・・
勝手に考えちゃってました(^^ゞ

とにかく・・・・・・サクラの光を読む感性に一献☆
ケータロー | 2010/07/13 09:13 PM
お〜い!もったいぶり過ぎて待ちくたびれました〜。(笑)
といあえず、夏本番までには間に合いましたね。

さくらは父ちゃんの事、よく見てますね。
どんな事でも追いかけたい年頃です。
隠れた才能、見出してあげましょう♪
amachan | 2010/07/13 09:43 PM
南海荘らしい、いい部屋名ですよ!
くつろげそうで優しい響きがいい!
グッドネーミングです☆

でも、ほんとに驚いたのは最後の一枚だったり〜(笑)
子供の純粋な眼差しは、汚れ無き素の世界を移しますね〜。
兄上 | 2010/07/13 09:43 PM
素晴らしい!
「島風」と「サクラちゃんの写真」!
想定範囲内の名前と偶然とは思えない完璧な構図で親子がコラボレ〜ション!

立ちコギしないと前に進まなかった通学路のチャリ。(脚の成長に負荷がかかったでえ)波しぶきも凄かった〜。(タイミングが合うとズブ濡れ)毎日が体感型アトラクションやったなあ〜。

島風に鍛えられ、島風に癒される。
それが淡路島の風!
南海荘3代目淳二 | 2010/07/14 07:31 AM
瓦人さん
やっぱこれですよね〜^^;
淡路島の風を感じていただけるお部屋…
風は必ず入れようと思ってました!そして最終‘島風’へと!
‘音’もいいですね〜!
次の特別室は、‘音’で行きましょう!(いつになるやらですが…^^;)
ちなみに特典は、さくらのphotoプレゼント!土坐に飾ってくれる〜(~o~)

ケータローさん
ほんまにようやくです^^;
えらい遅くなりやして申し訳ない^^;
ほんまね〜、えらいもんです。
さくら夕日見ると必ずカメラ^^;
この写真もね、3代目が撮ってるのを横取りし、シャッターを切ってました!
車は、嫁が運転してたので景色は流れてってるわけ。
ほんとたまたま、偶然なんでしょうが、さくらが撮ったのが一番よかった^^;
えっ、偶然じゃないって〜…(~o~)やっぱ子供は素直な心の持ち主ってことなんでしょうかね〜!

amachanさん
グッドネーミング賞、ありがとう^^
ほんとね〜、夕方になるとやさしい光が窓から差し込んできます。
部屋中が心地いいんですよ〜!
もちろんその窓からの風景もまたね^^
そして、お風呂もね(~o~)
とにかくいい感じのお部屋にぴったりの名前がついてよかった!
あ〜、やっぱりさくら〜(~o~)
そうそうそうなんですよ!汚れがありません!心が素直なんでしょうね〜!
見習わなくては^^;

兄上
島風、ええだ〜〜^^
で、さくらの写真はやはり持ってるものあるのでしょうかねぇ〜^^
必死でシャッターボタンを押すわけですが、
ファインダーも覗く‘ふり’のみです(~o~)
そんな写真、確認してみるとびっくり!見た瞬間‘今日のネタや!’と思いました〜!
しかし、島の風に関してここまで思い入れがあるのは、やはり丸山ピープルだからでしょうかね〜(~o~)
思い出します体感型アトラクション!
自然と波を計りながら自転車を走らせる…立ちコギすら間々ならぬハナンダのカーブ…確かに足の成長には3代目も同じく!(ただの家系(~o~)?)
何はともあれ、これまで淡路島の風に厳しく優しく育てられてきました!
ん〜、なるほど〜。島風の間はそんな風に育てられた3代目が表現する部屋なんですね〜!
さくらの写真ではありませんが、偶然ではなく自然とこうなったんだ〜!