という事は、やっぱり本物でないとアカンゆーことですよね^^;

新しい厨房とか、テーブル席とかの空間のことをよく考えるのですが、
時代を経た良さってすごくいいと思うんですよねぇ〜。

いきなりそのように加工するんじゃなくって、
何十年もたってその状況になる
時代が乗ってとても惹かれるような空間
自分もその空間と一緒に育つような…

きれい過ぎるのはよくないなぁ〜
って最近よく思います…003 (2).jpg葉物が出てきてうれしい今日この頃
色々悩むなぁ〜^^;
ひとりごとのようなもの | comments (2) | -

コメントを追加

matsunorida | 2014/09/28 12:22 AM
めーちゃーめーちゃー難しい問題やケド めっちゃよくわかります!^^
せっかくのお手入れですし メリメリ仕様にしちゃおう!っていうカンジ
でも 他の場所の質以来とのバランスとか アレとかソレとか 考え出すと深みにはまりますよね(笑)

でもおっしゃるように"時間がたって味が出る"みたいなのって マジ最高ですね
例えは悪いけど ヤニ茶けた喫茶店とか 潮茶けたドライヴインとか?
ボクがいつもいう"Soul電波"ってやつですかね

その時その場所その人達にしか 発光出来ない様な 得体の知れない 電波 
言葉にするのは ムズカシイけど それこそ"考えるなかんじろ"ですね

すごい樂しみです! ハイセンスなじゅんべーさんなら Simpleに まとめてこられるはず!
改装も お料理の盛り付けみたいに 考えて見られるのも 良いかもしれませんよ〜^^; 
竹中淳二 | 2014/09/28 10:36 AM
matsunoridaさん!
おはようございます!
そーでしょー、よ〜わかるでしょ〜!
その〜、それです、それそれ^^;
茶けてる空間^^

でもそれには時間が必要で、
その物自体に可能性がなければあかんですよねぇ〜!

なので、今あるものを生かしつつ、
シンプルに居心地の良い空間を目指します!
お楽しみに〜〜^^