淡路島の風を受けて淡路島の味になる日を夢見て!

樂久登窯西村さんからいつも頂いております五色町で獲られた猪豚。

本来の目的は、農産物を守るための害獣駆除ですが、
その命を食材としてありがたく頂き、使わせていただきます。

少しずつですが、形になってきておりますので、少しご報告を。

モモは、生ハムに。

今は冷蔵庫にて乾燥させていますが、真冬の寒い時期は丸山の冷たい風に当てて自然乾燥させたいと思っております。そのほうが確実に美味しいそうです。
潮風がもたらす旨味の形成に期待です!003.jpgロースは、脱水シートで余分な水分を抜き、調理していこうとおもいます。
臭みはほとんどといっていいほどなく、そのままソテーでも十分美味しいですが、
ハーブを利かせたり、燻製したりして香りをまとわすとより美味しくいただけますね!
004.jpg筋張ったところや、柵取りしにくい部位は、煮込んでパスタのソースに。
005.jpg皆さんにお楽しみいただけるようにしっかり調理して研究していきたいと思います。

rakutogama book 狩猟→
料理 > ジビエ | comments (2) | -

コメントを追加

matsunorida | 2013/11/05 06:52 PM
ジビエの季節ですねぇ〜(~_~)
丸山に吹く 淡路島の風をびゅびゅんと受けたら さらにウマ味アップでしょうね!
これまでずっと引き継がれてきた味を守りながら 新しい味を作る
いや〜 ほんとステキングですっ! 
屠られたイノシシも きっと喜んで お腹におさまってくれる事でしょうね
自然と人間の共存 なかなか奥深い世界ですが 個人的に 美味しいのは大歓迎でございます(~_~)
竹中淳二 | 2013/11/06 12:30 AM
matsunoridaさん!
ィやってきましたねぇ〜^^
よくご存知だとは思いますが!
冬のまんりゃまの風ですあの風^^;
きっと良い方向へ導いてくれると信じております☆

しっかり基本を持ちつつ、新しいことへも挑戦挑戦!
考えはいつもシンプル!
頂いた淡路島の素材をお客様にお楽しみいただくだけ!
淡路島を感じていただける料理を、作らせていただくだけ!
明日も大切に 感じながら 過ごしたいと思います〜〜^^