カシーナ グラモレーレ Barolo2008

輸入を手がける業者さんの説明です!

バローロを生み出す11の村の一つ、 モンフォルテ ダルバの生産者!
年間生産量12,000本。自宅の裏手に広がるグランクリュ グラモレーレ畑の最上段より収穫。1964年と1971年に植えた2.5haのネッビオーロが主体。収穫後、破砕、除梗して10〜15日間 30℃で醸し&アルコール発酵。プレス後2〜6カ月間セメントタンクでマロラクティック発酵。その後ボッテと呼ばれる3000Lの大樽にて18か月前後熟成、その後セメントタンクで18か月熟成、ノンフィルターでビン詰め。

〜テイスティングコメント〜
カシスやドライプラムの甘い果実の香り。アルコール度の高さを感じさせない優しい仕上がりは、この生産者ならでは!
009.jpgバローロと月^^

本日のお客様にお楽しみいただきました!
コメントにもあるように、甘い果実の印象で、アルコール度の高さを感じさせないやさしい味わい!
先日飲みましたが、開けてすぐ ええなぁ〜!って^^

ボトル7500円ですが、4名様以上のお客様なら、
最後の淡路牛と合わせていかがでしょうか!

こだわり生産者のバローロ!
お値打ちだと思います^^
料理 > ワイン | comments (2) | -

コメントを追加

matsunorida | 2013/05/24 07:07 PM
メリメリですね! 3000Lの樽に浸かりたいところですが 無理なので このWineを飲みましょう(笑)
しかし 世界には まだまだ知らないワインがいっぱいいっぱい
ワインの種類だけ 世界がある ってカンジですね ィ夕景をアテに スコンとコルクを抜きたいものです(~_~)

アサリのPastaに触発されたので 今夜 こしらえてみようと思います
アツいですが スカッと良い週末を!!!
竹中淳二 | 2013/05/25 01:19 AM
matsunoridaさん!
そうなんです、メリメリバローロなのです^^
橘さんに教えてもらった業者さんとの出会いをきっかけに、遠く離れた造り手の表情やこだわりなど感じることができるようになりました!
味わいもアップといった感じです!

明日は、アワイチだそうですね!
ボンゴレロッソな夕飯も拝見させていただきました!美味しそう^^
明日は、スカッと晴れな淡路島にて、快走お楽しみくださいねぇ〜〜^^